Web系転職からのフリーランスエンジニアはエージェントを利用すべし

フリーランスもエージェントを利用しよう!

フリーランスもエージェントを利用しよう!

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

転職?それともフリーランス?

SIerを辞めてWeb系転職にチャレンジするなら、いっそのことフリーランスにチャレンジしてみるのもいいと思います。ただし、会社員気分のまま独立してしまうと痛い目にあってしまうかもしれません。いざフリーランスになってみると、想像していた以上の厳しさに直面して心が折れてしまう人も多いんです。そんな中、順調に働き続けているフリーランスがいることも事実。その秘密はフリーランスエンジニア専門のエージェントにあります。

フリーランスエージェントって?

フリーランスエージェントが提供しているのは、フリーランスと仕事を結び合わせるマッチングサービス。エンジニアひとりひとりとしっかり向き合い、過去のキャリアやスキル、希望条件などを把握した上で最適の案件を紹介してくれますよ。このあたりは、転職エージェントのやり方と同じような感じです。
エージェントを使わないでフリーランスの仕事をするとなると、自分で営業や交渉をこなしながらエンジニアとしての仕事もこなして結果を出さなければなりませんよね。よほどのコネやツテがあれば別ですが、基盤ゼロからのスタートだと軌道に乗るまでにかなりの時間がかかってしまいます。そんな問題も、エージェントを利用しているフリーランスなら心配ナシ。エージェントが営業から交渉まで全部代行してくれるので、本人はエンジニアとしての業務に集中できます。

フリーランスエージェントのメリットとは?

自分が働いてナンボのフリーランスにとって、多くのことを代行してくれるエージェントはパートナー的存在。パートナーが営業してくれている間に、本人は収入に直結する仕事をバリバリこなすことができます。営業先には、個人では近づけないような企業もいっぱいあります。エージェント経由だからこそできる案件の多くは、単価が高い優良案件です。本来なら天涯孤独なはずのフリーランスが、手厚いサポートを受けながら仕事に専念できるわけですから、快適に働き続けるフリーランスが増えるのも納得です。エージェントに登録すると、専任の担当者がついて手取り足取りサポートしてくれます。IT業界の最新事情にも詳しくて、仕事の悩みも親身に聞いてくれる相談相手が近くにいると心強いですよ。
エージェントも商売なので、フリーランスを紹介することによってマージンを受け取っています。それなら個人で活動したほうが結局お得かと思いきや、単価を限界まで引き上げる交渉力は侮れません。さらにいえば、個人で受けられる仕事のほとんどは下請けの下請けのさらにまた下請けになることがザラ。これを思うと、下請けを挟まないで案件を受注できるってかなりのアドバンテージです。高単価の案件を途切れることなく受注していれば、気づけば高収入なんてことも夢じゃありません。

Web系転職したい人へおすすめ

おすすめ記事

Web系で働く前に

SIerからWeb系転職に成功して今はフリーランスで生活中の僕がWeb系転職について語ります。お問い合わせはこちらのフォームよりお願いします。