Web系転職は危機感をもって成功!

成功する人は常に危機感を持っていた!

成功する人は常に危機感を持っていた!

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

Web系転職に成功する人

SIerからWeb系への転職を成功させる人には、いくつか共通する特徴があります。自分なりに試行錯誤するのも大事ですが、成功のポイントをおさえて行動したほうがサクサク話が進みますよ。では、成功者たちは実際どのようなマインドでどのように行動しているのでしょうか。もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

常に危機感を持っている

「成功すればひと安心」とは思わないのが成功者の常。業界・職種を問わず、成功する人ほど現状に満足しません。SIerからWeb系へ行く人の多くは、SIerのままではエンジニアとして成長できないということに危機感を持っています。危機感がスキルアップの原動力になると、最新技術のキャッチアップが楽しいと感じる人もいます。Web系で成功するためには、常にトレンドのトップを追い続ける気力を危機感でたきつける必要があるのです。

積極的なインプットとアウトプット

スルッとWeb系転職を成功させているように見える人ほど、きめ細やかな努力を積み重ねているものです。SIerの日常に落ち着いてしまうのではなく、勉強会や交流会などに出向いてはWeb系エンジニアと情報交換し、刺激を受けて最新技術にひっそりチャレンジしていたりする人も。SIerしか知らないと、Web系に転職したところで自分の技術や考え方が通用するのか不安になるかもしれませんが、Web系で活躍する人の生の声を聞くことができれば転職への不安はかなり和らぐはず。頭の中でフツフツと考えているだけじゃわからない問題は、積極的に行動することでクリアできますよ。

動き出しの決断が早い

SIerにずっといると、技術力がアップしないという人がいます。なぜそうなるかというと、エンジニアはあくまでも「仕事」だから。仕事をするのも仕事について考えるのも業務時間内にやることであって、それ以外の時間を勉強に費やそうという気持ちが薄く、勉強の必要も感じていないということなんです。これがいいか悪いかはその人の仕事に対する価値観であって、SIerが間違っていてWeb系が正しいということでもありません。要するに、自分が将来どんなエンジニアになりたいと思っているかで考え方が違うだけのこと。
「自分はSIerではダメだ!」と思って素早く行動する人は、Web系転職を成功させる確率も高くなります。そして、その本気度が高い人ほど30歳になる前に行動します。29歳で転職するのと30歳で転職するのとでは、条件も選択肢も変わってしまうことを理解しているのです。いつかは自分もWeb系に転職したいと思っているならば、その希望を先延ばしにせず即行動しましょう。そうすれば、あなたもWeb系転職成功者のひとりになることができますよ。

Web系転職したい人へおすすめ

おすすめ記事

Web系で働く前に

SIerからWeb系転職に成功して今はフリーランスで生活中の僕がWeb系転職について語ります。お問い合わせはこちらのフォームよりお願いします。